iモードブラウザ2.0のFlashLite3.1

このエントリーをはてなブックマークに追加

書かなきゃいけない記事があって、
iモードブラウザ 2.0でFlashを検証してみました。
機種は、N-08A
基本的には、ThinkITで書いたN-01Aと同じ、FlashLite3.1を制限を緩くしたものですね。
N-01Aとの違いは以下の通り。
—————————–
■搭載メモリ

約15MB

■GetMaxBatteryLevel

100 に変更(驚!)

■ファイルサイズ

500KBまで

■外部読み込み

フレームでの読み込み 合計500KB迄
ボタンでの読み込み 1ファイル 500KB迄

■4wayモード

モバイルメタデータパネルの「コンテンツタイプ」に「4waynavigation」と設定する。(プルダウンにはないので注意)

<rdf:RDF xmlns:rdf=”http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#”>

<rdf:Description rdf:about=”” xmlns:swf=”http://ns.adobe.com/swf/1.0/”>

<swf:type>

<rdf:Bag>

<rdf:li>4waynavigation</rdf:li>

</rdf:Bag>

</swf:type>

</rdf:Description>

</rdf:RDF>

こんな感じのメタデータになる。
4wayモードの場合、十字キーでフォーカスの操作が可能になる!
しかも、keyPress”<Left>”,  “<Right>” , “<Up>” “<Down>” も取得できる。
ただし、上下左右にkeyPressを設定した場合、キーイベントが優先され、十字キーではフォーカスの移動はできなくなる。

■flv再生

ビデオ再生可能!

・埋め込みの場合
合計500KBまで

・埋め込みではない場合(プログレッシブ)
10MB迄
ビデオ取得前に、
「ページ内の動画を取得しますか?(最大10MBのデータを取得します)」
というアラートがでるので、OKボタンを押すと再生開始

■MP3再生

このバージョンからMP3の再生が可能になりました。idタグの情報も取得できます。
ただ容量制限があって、SWFと合計500KBまで。
つまり埋め込みの場合も、外部読み込みも、ファイルの総合計が500KBまでです。

■SharedObject

データフォルダでも使用可能!
ただしブラウザとデータフォルダでの扱いが違う。
ブラウザの場合、閉じると消失は、かわらず。
データフォルダでは電源を切っても、値を保持していた。

—————————–

色々解放された印象ですね。
ただflvも、mp3も容量が中途半端。やるならもっとやって欲しかった。

が、、このiモードブラウザ2.0が、実制作で使えるのは、遥か未来の事だし、まぁいいか。

One Comment

  1. […] iモードブラウザ2.0のFlashLite3.1 WEB DESIGNING 7月号 […]

Leave a Reply