Magic – 1day Menicon Flat Pack

このエントリーをはてなブックマークに追加

http://magic.menicon.co.jp/

PARTYさんが手がけるメニコン『Magic』のサイト。
スマホ版、ケータイ版をhiposiで担当させていただきました!

スマホ版の開発はFlashで行い、1つのflaファイルを端末によって書き出し形式を変えています。
Android向けにはFlashPlayerでコンテンツを再生、
iPhoneなどのiOS向けにはHTML5(Google Swiffy変換+gzip転送)で再生しています。
ケータイ版は別にFlashLite1.1でオーサリングしています。

是非、各デバイスで、ご覧くださいませ。

Swiffyについては、近くまとめたいと思います。

4 Comments

  1. trick7 より:

    ご無沙汰しております。寺井です。
    おしごとお疲れ様です!テレビにも出てらしたのですね!

    すいませんお聞きしたいことがあります。
    >Android向けにはFlashPlayerでコンテンツを再生
    とのことですが、Androidブラウザ用にSWFを用意する場合は、(例えばガラケーの)FlashLite1.1をPC用のSWF(AS3 or AS2)に作り直すのがベストなのでしょうか?
    FlashLite1.1形式のswfのままだとAndroid端末によっては満足に動かないっぽくて、、。

  2. 岡田昇三 より:

    寺井さん

    わーご無沙汰しています!

    FlashLite1.1のコンテンツをそのままはやった事がないですね~。

    今のところ、同じ内容でもAS1(Flash4アクションではなく、ActionScriptです)に作り直しています。

    ケータイ向けのジェネレートサーバーがFlashPlayer6、ActionScritが1.0までの対応なので、そこでやれる範囲で作っています。

    SWFを変換後に、iOSはSwiffyファイルに変換して、JSONの値を直接変更しています。

  3. 岡田昇三 より:

    あ!もしかしたら、「duplicateMovieClip」が昨日まで非対応だったので、それでオカシイ動きをしていたのかもしれません。
    ランタイムを最新の3.7にしたら安定しませんか??

  4. trick7 より:

    岡田さん
    ありがとうございます。お礼遅れてすみません!
    duplicateMovieClipは使っていないswfだったので、FlashLite1.1のコンテンツをそのままスマホに持っていってることで何やら別の問題が発生しているっぽいです。(特定しきれてずすいません)
    ※さらに一部Android機種では文字コードのせいか、テキストが化けたりしてて、困った感じです。

    ActionScript1.0に修正してみるところからやってみたいと思います。
    スマホ向けFlashサイトの記事も、本当にありがたい&楽しみです。
    どうもお世話になります。

Leave a Reply